薬学部の学費と偏差値

薬学部の学費と偏差値

薬学部の学費は、大学によって非常に差があります。これは、薬学部の偏差値とはあまり関係がありません。

かなり学費が高い薬学部は、偏差値が45の日本薬科大学。初年度の学費が4,950,000円となっています。

また、偏差値が42(薬学部3学科とも)の横浜薬科大学薬学部では、初年度の納入学費が3,90万円(入学金50万円、授業料他340万円)となっています。ここは、施設費が130万円と高いので高額になっているようです。

これを見ると、本当に私立大学の薬学部は高いと思ってしまいます。が、ここまで高い薬学部は珍しいほうです。

他の薬学部の偏差値と学費を見てみると、

■京都薬科大学(偏差値61): 初年度は220万円(入学金50万円、授業料他170万円)

■東京理科大学薬学部(偏差値64)6年制): 初年度の納入学費は2,345,000円(入学金30万円、授業料他204万5千円)

■青森大学薬学部(偏差値が41): 初年度の納入学費2,240,500円(入学金30万円、授業料他1,940,500円)

■城西大学(偏差値=薬学部6年制が52、薬学部4年制が49): 初年度の納入学費2,634,000円(入学金50万円、授業料他2,134,000円)

だいたいの薬学部では、200万円台前半ぐらいのようですね。

では、国立の薬学部を見てみると学費はどこも、初年度の納入金817,800円(入学金282,000円、授業料535,800円)!やっぱり私立より断然安いですね。 (設備費が、大学によって違いますが必要です。)


大学受験 - livedoor Blog 共通テーマ

yakusuri at 16:59│clip!